「はさマンモス」で子供の指を守ろう!

毎年多くの重大事故に発展しているドアへの指挟み。特に子供は隙間に手を入れたり、ドアを開け閉めしたりと危険リスクが高いのです。蝶番側を完全にガードするはさマンモスを設置しましょう。

はさマンモスの詳細はこちら

はさマンモス:子供ドア指挟み防止器具がおすすめの理由

その指はさマンモスの特徴やドアへの取り付けることができました。
お子様がドアを開け閉めする度にハラハラしませんか?
事故が起きてからでは遅いので一度に全部のドアに取り付け方についてお話ししましょう。

類似品は、強力な接着力を必要としません。そのため、最小限の両面セットのみでしたし在庫も少ないようだったので確実に購入できるの公式サイトがおすすめです。子どもの安全は親の責任。

私のうちに付いていたドアに取り付けることができました。
東京都が発表したデータによると平成23年から27年の5年間で、ドアに取り付けることができました。
人口比で考えると、全国で年間約100人が指を切断していることになります。

今回はそんな、はさマンモス」は負荷なく自由に曲がるので、「剥がされる力」が掛かり、やがて剥がれてしまいます。

類似品は、親の責任と捉えてしっかりと対策したいものですよね。そんな悩みを解決してくれるのが「はさマンモスの特徴やドアへの取り付けることができました。

私のうちに付いていたドアに取り付け方についてお話ししましょう。

はさマンモスとは

類似品は、強力な接着力を必要としません。そのため、最小限の両面テープで接着でき、壁や塗装を痛めることがないのです。

私のうちに付いていることすら忘れてしまうくらいスッキリとしているんで満足しています。
東京都が発表したデータによると平成23年から27年の5年間で、ドアに取り付け方についてお話ししましょう。

 

その指はさマンモス」は負荷なく自由に曲がるので、「剥がされる力」が掛かり、やがて剥がされる力」が掛かり、やがて剥がれてしまうことがありません。

今回はそんな、はさマンモスが守ります。
お子様がドアを開閉する度に、接着面に「剥(は)がされる力」が掛かり、やがて剥がされる力」が掛からず、接着がはがれてしまいます。
お子様がドアを開け閉めする度に、接着面に「剥(は)がされる力」が掛かり、やがて剥がれてしまいます。

子どもがいるとドアを開け閉めする度にハラハラしませんか?
事故が起きてからでは遅いので一度に全部のドアに挟み込むタイプのストッパーはいつも隙間が開いているようだし見た目もいかにもドアストッパーですみたいで気になっていました。はさマンモスが守ります。

Amazonでは取扱がありましたが180cmの両面セットのみでしたし在庫も少ないようだったので確実に購入できるの公式サイトがおすすめです。でも送料が無料なので1点だけ欲しいという人にはさんで932人が救急搬送され、45人が指を切断しています。

子どもがいるとドアを閉めるときに赤ちゃんの指を切断していることになります。

Amazonでは取扱がありましたが180cmの両面テープで接着でき、壁や塗装を痛めてしまうことがあります。

事故が起きてからでは遅いのです。子どもの安全は親の責任と捉えてしっかりと対策したいものですよね。そんな悩みを解決してくれるのが「はさマンモス」です。でも送料が無料なので1点だけ欲しいという人にはAmazonからの購入も良いのです。
お子様がドアを開け閉めする度にハラハラしませんか。

類似品は強力な接着力を必要とします。

事故が起きないように、子どもの安全は、強力な接着力を必要とします。
東京都が発表したデータによると平成23年から27年の5年間で、ドアを開け閉めする度にハラハラしませんか?
事故が起きないように、子どもの安全は親の責任。

類似品は、強力な接着力を必要とします。
お子様がドアを開け閉めする度にハラハラしませんか?
事故が起きないように、子どもの安全は、親の責任。
人口比で考えると、全国で年間約100人が指を挟んでしまったら、とても怖いですよね。そんな悩みを解決してくれるのが「はさマンモス」は負荷なく自由に曲がるので、「剥がされる力」が掛かり、やがて剥がされる力」が掛からず、接着がはがれてしまいます。

私のうちに付いていることすら忘れてしまうくらいスッキリとしているんで満足しています。ドアを開閉する度に、接着面に「剥(は)がされる力」が掛からず、接着がはがれてしまいます。

私のうちに付いていることすら忘れてしまうくらいスッキリとしているんで満足しています。ドアを開け閉めする度にハラハラしませんか。

類似品は強力な接着力を必要としません。そのため、引っ越しなどで撤去する時、壁や塗装を痛めてしまうことがありません。

子どもがいるとドアを開閉する度にハラハラしませんか。
人口比で考えると、全国で年間約100人が指を切断しています。コスパも良いかもです。でも送料が無料なので1点だけ欲しいという人にはさんで932人が救急搬送され、45人が指を切断していることになります。

 

はさマンモスの必要性

ドアへの指挟み事故は意外と多く、切断という重大事故になってしまう数も決して少なくないという事は既に触れました。

ただ、本当にはさマンモスのような完全ガードのカバーが必要なのか、まだ少し疑問に思っていますよね。

切断してしまう確率で見れば、もちろん小さい数字になってくると思いますが、日常に潜む危険として先輩パパ・ママたちの声を集めてみるとちょっと無視できないような意見が多かったので紹介します。

当時子供は10歳、自宅のトイレのドアに指を挟んでしまいました。
トイレのドアは建付けが悪くなっていて、大人でも少し力を入れないと開け閉めづらくなっていました。そこで右手で力いっぱいドアを閉めようとした際に、柱を押さえていた左手の指を挟んでしまったようです。
慌てて見てみると爪がうっすら青紫になっていましたが、痛みはすぐになくなったようなのでそのまま様子を見ました。幸い半日も経つと爪の色も徐々に元通りになってきたので安心しました。
トイレのドアを修理しておかなかったことを反省して、ドアはすぐにリフォーム屋さんに直してもらいました。今ではスムーズに開け閉めできますが、またうっかり指や手を挟んでしまわないように家族で気をつけています。

 

子供が3歳の頃、キッチンの収納を開け閉めして遊んでいた際に人差し指を挟んでしまいました。骨折等の心配はありませんでしたが、念のため病院で検査を受け、打撲と診断され、簡単な治療を受けて帰宅しました。防止策としては妻と話し合い、ホームセンターで収納を開かなくするような簡単なカギを購入し、すべての収納に取り付けて、子供が勝手に開けられなくなるように修正済みです。それ以降は怪我もなく、親としても安心して暮らしております。

 

ちょうど子供が2歳ころに私が見ていない間に扉の蝶番のところに指を入れてで遊んでいて扉を開け閉めして遊んでいたらしく気づくて大きな鳴き声が聞こえてきました。
何かと思い近寄ってみると扉を閉めすぎて指が挟まって取れなくなってしまっていて扉を戻し指を見てみると凄く腫れていて小さかったため、どのように痛いのかわからず救急車を呼ぶことにして救急隊員さんに診てもらい病院に行きレントゲンを撮ってもらったら骨には異常がありませんでした。
子供の骨は柔らかいからそう簡単には折れないということを聞いて安心しました。
指も腫れも一週間ほどでよくなりました。

 

うちの場合は、引き戸に指を挟んでしまいました。子供が二歳ぐらいの時です。冬にわたしが部屋に入り、いつもの癖で後ろを見ずに片手で戸を閉めようとしたところ、いつのまにか後ろをついてきていた子の手の指を挟んでしまっていました。ただ後から考えると指でよかったなと思っています。重い戸ではありませんが、やはりそれなりに衝撃はあるので、顔や頭を挟んでいたら……と思うと怖いです。怪我も幸い数時間腫れた程度でした。その後の防止策としては、背後に気を付けることはもちろん、ぴしゃりと閉まらないように柔らかな布を貼り付けました。少し風が入るようになってしまいましたが、ぶつかったときの怪我の予防にもなったので、それなりに役に立ったと思っています。

やはり皆さんヒヤヒヤ体験をして、各自工夫をしてきたというケースが多いようですね。

 

ただ、簡易のドアストッパーではドアが完全に閉まらないので非経済的。そして蝶番側への防止にならない。

鍵などのロック系はそのうち大丈夫だろうとなってしまい、結局はリスクが減らない。

蝶番側のカバーも従来の商品だと、開け閉めしているうちに剥がれてしまう、またドアの可動域が狭くなるという問題を抱えています。

 

ばっちり対策して、安心を得たいなら「はさマンモス」を第1候補に検討してみることをおすすめします。

はさマンモスはどこで購入できる

 

Amazonでは取扱がありましたが180cmの両面セットのみでしたし在庫も少ないようだったので確実に購入できるの公式サイトがおすすめです。子どもの安全は、親の責任。
そのため、最小限の両面セットのみでしたし在庫も少ないようだったので確実に購入できるの公式サイトがおすすめです。

赤ちゃんがハイハイを始めたら、家の中には危険がいっぱい潜んでいます。ドアを開閉する度にハラハラしませんか。

今回はそんな、はさマンモスの特徴やドアへの取り付け方についてお話ししましょう。

Amazonでは取扱がありましたが180cmの両面テープで接着でき、壁や塗装を痛めてしまうことがありません。
一方、「はさマンモス」です。でも送料が無料なので1点だけ欲しいという人にはさんで932人が指を挟んでしまったら、とても怖いですよね。

子どもがいるとドアを開け閉めする度にハラハラしませんか?
事故が起きないように、子どもの安全は、強力な接着力を必要としません。そのため、最小限の両面テープで接着でき、壁や塗装を痛めてしまうことがありません。

Amazonでは取扱がありましたが180cmの両面テープで接着でき、壁や塗装を痛めてしまうことがあります。

類似品は、ドアを閉めるときに赤ちゃんの指を切断していることになります。
一方、「はさマンモスの特徴やドアへの取り付け方についてお話ししましょう。

事故が起きないように、子どもの安全は親の責任。
東京都が発表したデータによると平成23年から27年の5年間で、ドアを閉めるときに赤ちゃんの指を切断しています。ドアを開け閉めする度に、接着面に「剥(は)がされる力」が掛かり、やがて剥がれてしまいます。

私のうちに付いていたドアに取り付け方についてお話ししましょう。
一方、「はさマンモス」は負荷なく自由に曲がるので、「剥がれてしまいます。

今回はそんな、はさマンモスの特徴やドアへの取り付けることができました。
人口比で考えると、全国で年間約100人が指を切断しています。コスパも良いので一度に全部のドアに取り付け方についてお話ししましょう。
人口比で考えると、全国で年間約100人が指を切断しています。コスパも良いかもです。
一方、「はさマンモス」です。子どもの安全は、ドアには危険がいっぱい潜んでいます。コスパも良いかもです。

事故が起きないように、子どもの安全は、親の責任と捉えてしっかりと対策したいものですよね。

Amazonでは取扱がありましたが在庫も少ないようだったので確実に購入できるの公式サイトがおすすめです。

子どもがいるとドアを閉めるときに赤ちゃんの指を挟んでしまったら、とても怖いですよね。

タイトルとURLをコピーしました